スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【MUGEN】 THE・WORLD!! 咲夜 ブランドー 



十六夜咲夜の持つ「時間を操る程度の能力」が
DIOに酷似していたことがきっかけでニコニコMUGEN界に誕生した
DIOの力を得物からスタンドまでも継承した十六夜咲夜を指す。
正式名称は初期は「咲夜ブランドー」、後期は「咲夜・I・ブランドー」に変化しており、
略称は咲夜B、PADIO、咲ブラなど。
パッドじゃない!ブラ!!寄せて上げるブゥゥゥゥルァァ!!!ンドー。

一度に打ち出す弾数こそ減少したものの
DIOの物と同様のデザインであるナイフを縦横無尽にバラ撒き(ただし設置ナイフは攻撃で打ち落とせる)
DIO譲りのザ・ワールドで近付く敵はブッ潰す、
当然のように時を止めて敵をナイフで串刺しにしてしまうこともあれば
終いにはロードローラーまで持ち出す暴虐っぷり。
十六夜咲夜の牽制力・弾幕力とDIOのラッシュ力・破壊力が融合したその姿は
まさしく「ブランドー」の名を継ぐ者に相応しいだろう。
声までDIOになってしまっているところは気にしないほうがいい。

また「世界タイプ」と「咲夜タイプ」、そして両者を一つにした「最終版」がある。

最終版にて時止めがさらにパワーアップ。
とうとう時止め返しが実装される事となった。
だが、この時止め返しの真価はDIOと組んだ時にある。

シングル時の時止め返しが原作再現ならば、タッグ時の時止め返しは正に悪夢・・・・・・
なぜなら 止まった時の中、二人で 相手をボコれるからだッ!

D「無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄ァ!」
P「駄目駄目駄目駄目駄目駄目駄目駄目ェ!」




【咲夜タイプ】

* スタンドに食らい判定がついている
* スタンドモード時において、スタンドが攻撃中は本体はガード不可
* スタンド攻撃が弱と強に分かれている
* スペルカードシステム(東方萃夢想)が搭載されている
* 一部の技が世界タイプと異なる(スタンド解除攻撃など)
* 全体的に通常技や必殺技の隙が大きく、攻撃範囲が狭い
* 全体的に世界タイプより攻撃力が低い
* 恐怖の片鱗で当て身できる技が限られている。また、隙が大きい
* 疑似学習AIを搭載(トリガーはユーザ自身で追加)
* 時止め返し を搭載(公式対応キャラは悪咲氏DIOと同キャラ)



【世界タイプ】

* スタンドに食らい判定がない
* スタンドモード時のスタンド攻撃中においても、本体はガード可能
* スタンド攻撃に弱と強がない
* スペルカードシステムがない
* 一部の技が咲夜タイプと異なる(スタンド解除攻撃など)
* 全体的に通常技や必殺技の隙が小さく、攻撃範囲が広い
* 全体的に咲夜タイプより攻撃力が高い
* 恐怖の片鱗でほぼ全ての攻撃が当て身できる。また、隙がほとんどない
* ㍻㌢氏のAIを搭載。
* クマ屋氏によるタッグ・シングル兼用のAIが作成、公開されている



【version2.2】

* 咲夜/世界タイプ統合化

  ◆スタンドの食らい判定、airは咲夜タイプベース基準
  ◆攻撃判定、技、演出は世界タイプベース基準

* ㍻㌢氏AI→疑似学習型AIに変更

 ※これは㍻㌢氏のAIが、度重なる咲夜.Bの更新により対応出来なくなり、
  バグ(エラー)が発生するようになった為の処置

* これ以降更新の予定はない、つまりは完成形
* 使い方が分かる人のみ どうぞとのこと、分からないからといって質問等はしないように


◆ クマ屋氏のAIについて
  AIを適用するに伴い仕様の変更あり。 (改変許可は貰っている)詳細は付属のReadmeにて
 またAILv11は強~凶キャラというコンセプトで作成されている為、大会などでの起用の際は注意。

 気が付かなかったの?
  "此処(ここ)"という場所
   "現在(いま)"という時間
    全て私の"手の中"という事・・・


※この記事はMUGENwikiより転載しています。

咲夜ブランドーに関して気長に探せば見つかるはず。・・・たぶん(汗)
ただしグーグルの検索にはまず引っかからないので
関連サイトや過去ログなどから巡りめぐってみましょう。

それから製作者である41氏には絶対迷惑をかけないように!!
これは41氏に限らず、他の作者への対応も同様です。
これ、重要!!
スポンサーサイト
[ 2008/06/18 10:21 ] プレイ動画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。